期間従業員

期間従業員の実態を知りたい

俺の名は「プー男」。30代フリーター。いや、今は職探し中だから無職か。

 

そろそろ手持ちの金もなくなって来たし、ここいらでガッツリ稼ぎたい。俺には特にスキルがあるわけじゃないが、何かいい職ないだろうかと仲間内で話していたら、最近姿を見せない友人「K」が期間従業員でしっかり稼いでいるという。

 

あれって、工場で自動車とか組み立てんだろ。確かに、バイト情報誌見てても、かなり時給高いんだよな。でも、なんか大変そうだし、いままでやったことなかった。
でもKにできんなら俺にもできんじゃねえか?

 

ということで、期間従業員の実態を聞き出すべく、プー男はKの所に駆けつけたのだった。

 

注:本HPは、自動車などに使用される小型エンジン組み立て工場に勤務している、ある現役期間従業員の男性に期間従業員の実態についてインタビューした内容をわかりやすく再構成したものです。
プライバシーの関係上、本文中にでてくる名前などは仮名ですが、待遇、仕事内容、給料などの情報は実話です。
ただし、期間従業員といっても様々な職種があり、仕事内容や待遇は大きく異なっています。これから期間従業員になることを考える方は、本HPの内容はひとつの実例として、他にもいろいろ情報をあつめてから応募して下さい。

 

<2015年追記>

友人「K」ですが、まだ期間従業員を続けています。派遣従業員から出世?を重ね、現在は正社員一歩手前にいます(あと一回試験に合格すれば晴れて正社員だそうです)。
5年ぐらいやっていますが、特に不満な点も聞かず、本人は一生やっていきたいと思っているようです。
最近は景気もよく、向上もフル稼働みたいで、採用される人数も多く、待遇もよくなっています。当然、景気が悪くなればまっさきに切られるのは期間従業員ですが、その前に正社員になっておけば安心で、Kもそれが分かっているから正社員になるべく頑張っています。
なお、正社員になるには単に長年勤めているだけではダメで、勤務態度が真面目で、上司の推薦がないと試験が受けられません。また、いきなり正社員に慣れるわけではなく、派遣期間従業員から工場直雇になって、また技能試験も合格して、ようやく正社員の試験が受けられます。なかなか厳しい道です。
しかし、正社員になっても、給料などの待遇は期間従業員とそれほど変わらないようです。ただ、一生勤めるとなると正社員になる必要があります。Kには頑張って欲しいですね。
しかし、彼にも悩みがあって、不眠症になってしまったようです。これは昼夜2交代勤務のせいでしょうか。はっきりした原因は分かりませんが、毎日ぐっすり寝られないそうです。それでも何事も無く仕事に行っていますが、他人にはわからない苦労もあるのかもしれません。
期間従業員を辞めれば治る可能性はあると本人も言っていますが、正社員一歩手前まで来ているので、あと1,2年は頑張って欲しいところです。

 

ところで、私ですが、当時無職同然でしたが、現在は自営業(ネットビジネス)をやっています。
期間従業員はどんなに素人でも初月から給料が貰えますが、自営業は自分で売上をあげないと0円です。私も苦労して始めの1年間の収入は月1万円を超えたことはありませんでした。貯金を切り崩して1年間は生活していましたが、2年目以降は軌道に乗って、何とか人並みの生活を出来るようになりました。多分、収入的にはKとそれほど変わらないと思いますが、休みたいときに休める自由さは自営業の方が勝ると思っています。

 

もし期間従業員になるとしたら、余暇の時間を使ってネットビジネスを始めると良いかもしれません。期間従業員は練る時間をのぞいて1日8時間ぐらいは自分の時間は持てますし、その時間を使えば副業でも1年か2年頑張れば、お小遣いレベルを超える収入を得ることができると思います。

 

ところで、私が自営業の記録を書いているので、よろしければご一読ください。
自営業は軌道に乗ると楽しいですよ!
会社設立 独力で1人株式会社を設立しました